Just another WordPress site

相場を知っておこう!

社団法人設立にかかる費用の相場を知っておこう!

社団法人の設立を考える際、まず頭に浮かぶのが「設立にかかる費用」ではないでしょうか。初めて社団法人を立ち上げるという方には、それにかかる費用も見当がつかないのが当たり前です。社団法人を設立するには、まずは「何にどのくらいの費用がかかり」、その「全体の相場はどのくらいなのか」を把握する必要があります。ここでは、社団法人を設立するのにかかる費用の相場を紹介していきます。

一般社団法人を設立する場合には、「定款認証費用」と「設立登録免許税」と呼ばれる法定費用の他、「印鑑作成代」などが必要となり、合計で約15万円程度掛かることになります。法人の立ち上げ方法は、「個人」で行う方法と「専門家」に依頼する方法があり、これらの費用においては個人で手続きを取る場合においても必ずかかる費用となっています。

定款認証費用は、公証役場で現金にて支払うこととなり、その費用は約52,000円~53,000円程度です。費用に幅があるのは定款の枚数によって異なるためです。 設立登録免許税は、法務局に収入印紙として支払うこととなり費用は60,000円となっています。
印鑑作成代は、法人の代表印である「法人実印」で印鑑4点のセットで約3万円~4万円が相場となっています。

法人を立ち上げる際には、「社員や役員に個人が就任する場合」と「社員に法人が就任する場合」があり、個人が就任する場合には、就任する個人の実印と印鑑証明書の取得代1通分(自治体により異なり約250円~300円)が掛かります。また法人が就任する場合には、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)1通分600円に加え印鑑証明書1通分450円が必要となります。これらの証明書は法務にて取得することができ、印鑑証明書を取得する際には印鑑カードが必要となります。

社団法人の設立に慣れていない方は、行政書士などの法律の専門家に手続きの代行を依頼するという人が多くいます。その際には、法定費用約15万円の他に代行報酬を支払うことになります。この費用としては「標準コース」として費用が決まっている業者が多く、約70,000円~が相場となっています。

法律の専門家に依頼することで、依頼者は必要書類さえ準備して書類を送付するだけでよく、あとは業者が社団法人設立の手続きが完了するまでフルサポートをしてくれるので、手続きの際の漏れやミスなどもなく、スピーディで確実に社団法人を設立させることができます。