Just another WordPress site

期間はどのくらい?

社団法人設立までにかかる期間はどのくらい?

社団法人を設立するためには、必要な書類を集めたり手続きを行ったりすることとなりますが、実際どのくらいの期間が必要となるのでしょうか。ここでは、社団法人の設立を目指している方のために、必要となる期間を説明していきます。これを参考に社団法人の設立を余裕をもって行ってください。

社団法人を設立させるには、2人以上の設立者(個人)が集まることが条件となっており、社員に就任するのが個人が法人化を選択します。その結果に基づいて必要書類を収集したり、法人の実印を作成したりします。そして定款作成・認証を経て、法務局にて登記申請を行うことになります。

法人を立ち上げるには、法律の専門家である行政書士などに手続きを代行してもらうやり方と、立ち上げ方法を熟知している方は個人でも手続きが可能となっています。 法人実印を作成するのにかかる日数としては、最近では印鑑のスピード作成も可能となっており、依頼してから約2日~4日程度で作成が可能となっています。必要書類を準備するのは約1日~2日程度で行えます。

社団法人の設立に関して、ほとんどの方は専門家や代行サービスなどに依頼することとなりますが、その際にかかる日数としては、業者に申し込みを行い登記申請までは約1週間~2週間程度、また申請日から登記が完了して登記簿謄本が取得できるまで約1週間となり、合わせると約2週間~3週間で社団法人の設立が可能となります。

この日数は標準的な日数であり、法人の事務所や役員などの基本事項がスムーズに決定し、印鑑証明書などの必要書類においても漏れなどがなく取得することができ、また必要書類への最終チェック・押印がスムーズに完了することで、更に日数を短縮させることも可能です。

代行サービスでの手続きの流れとしては、約1週間の期間の中で1日目にはお客様からの設立に関する情報収集、2日目は定款作成と公証人による定款のチェック、3日目は定款やその他の書類への押印のため、依頼者へ書類を送付、4日目には依頼者が所定箇所に押印の上、業者へ返送、5日目には業者が定款をチェック、6日目には公証役場で定款認証、7日目には法務局にて登記申請という流れになります。これが一般的な流れとなり、それぞれがスムーズにいくことで日数も変わってきます。

初めて社団法人を設立させるという方がほとんどと思われるので、この日数を参考に時間に余裕を持たせて手続きを行うことが有効であり、漏れやミスなどで日数がずれこまないためにも、法律の専門家に相談して確実な社団法人の設立を目指すことをおすすめします。